税理士 名古屋

居酒屋の開業する際に税理士さんにかなり助けてもらいました

居酒屋を経営するにあたって、自力で出来ることはできるだけ自分でやっていきたいと思っていますが、居酒屋の開業というのはそこまで簡単ではありません。

ただすべてを外部に任せるというのも経営する上では支障が出てきてしまいます。そこでまずはお金の面でだけでも大切にしていこうと思い、まずは税理士さんに相談してみることに。

居酒屋の事業において色々と手伝ってもらいたいのはまずは税理士との顧問契約だと思いました。その理由としては経営することにおいては税との関わりは切っても切れないほど大切だからです!

任せる範囲は主に法人税、消費税、住民税、そして事業税などです。そして税理士選びに気を付けたことといえば、居酒屋などを経営したことがあったり、過去に同じような業務をしたことがある方が最適です!

そして更に、常に連絡が取りやすい環境を作っておくことも大切なことであります。契約金額というのは税理士によっても違ってきますが、まずはおおよその金額のメドを決めておきます。税理士にもよりますが月に1万円で契約出来る人もいますので、予算がない人は安い金額で契約したほうが得と言えます。

毎月の業績の報告を名古屋の税理士にしておき、居酒屋経営することにおいてどれだけの税金が必要になるかがわかってきます。税理士との契約を生かせば、個人の税金についての相談にも乗ってくれますので、すごく有意義なことだと思います。税理士との契約はお店の経営だけでなく、個人においても重要になってくることです。

名古屋市南区で5年間フットケア経営をしていた私が税理士に頼んだ話

フットケア経営をしていると、このままではうまくいくのかが心配になってきますが、税理士の方が税金を絡んだうえで相談に乗ってくれました。まずは開店当初の経費はどのようにしていたことから見直しました。

そこからの独立した経緯はどのようにしていたのかが、そしてここが不安な部分を全部出すことでこれからの経営に生かしていくことができます。

今の経営している店の場所が悪いという不安があれば、立地である名古屋の商圏から調査してくれることやどのようにして顧客をつかむのかが大切です。そして独自の経営方法を生み出すことも常に忘れ続けないことです。経営する上での税金の流れを学ぶだけでなく、フットケアの技術も学ぶことが大切です。

経営していく上ではどのようには税金の支払いをどのように考えていくかが必要になってきます。従業員を雇っている場合においては従業員のきゅうりょうから住民税や所得税を差し引いて納める必要があります。

個人事業主でやっていく場合においては取引の段階で消費税を負担する必要があります。そこから申告や納付をする必要があります。一部の事業者には消費税の納税するひつようがない事業者がいます。

その事業者のことを免税事業者といいます。免税をすることはできないが、消費税の計算方法が簡単にする方法としては簡易課税制度があります。

フットケア経営は名古屋地区においても競争が激しいので、常日頃から経営方法や税金のことについて学ぶことが大切です。

名古屋市港区で専門家からアドバイスをもらった民宿の経営の10年間

民宿経営というのはノウハウが経営者が独自で作り上げてきたものが多く、学校で学んで経営するというものではありません。開業するには食品衛星責任者の資格があれば誰でもできます。誰でも開業できるから名古屋での民宿経営というのは大変です。そこで民宿のことに詳しい税理士に聞いてみることにしました。

民宿の経営というのは地方や田舎で経営していることが多く、名古屋の都市部で民宿を経営するには少しの工夫が要ります。まずは設備投資のことを考える必要があります。

どのように収益を上げるかが大切になってきます。民宿というのは寝泊りだけでなく食事を提供するのもサービスの一つです。民宿が宿泊する客に対して食事を提供するのは第5種事業というものです。

ちなみに飲食業の場合は第4種事業に該当します。民宿のとなりの浸食店で食事を提供すると第4種事業となります。ここで注意することは食事代が明確に分類されていることです。

宿泊施設には宿泊税というものがかかってきます。この宿泊税というのは一定の料金以上で宿泊したものに対して課税されるものです。課税対象としてはホテルや旅館にかかってくることが多く、民宿にはかからない場合がありますが、許可を得ている場合は宿泊料金次第では課税されるケースがあります。

これらの宿泊税というのは東京都が導入しているものですので全国的に導入しているわけではありません。税金というは地域によって違ってきますので常に税金に関する制度を確認する必要があります。

民宿においても税金というのは切り離せない存在です。

名古屋市緑区でホテルの経営を3年していたときに税理士から聞いた話

ホテル経営をしていくと、いつかはうまくいかなくなって倒産するのではないかという不安があります。名古屋においてもホテル経営の競争は激しいです。では、どのように経営ればうまくいくのかというと、顧客のリピーターを増やすことで営業利益率を高めることである。

そして顧客を絞り込むことも方法の一つです。そしてオペレーションコストをどのように設定するかである。従業員には自分で考える環境を作ることである。このような経営方針を固めておきながら税金のことについてもっと学ぶ必要がある。

経営をうまくいかせる方法の一つとしては固定費をどのようにするかである。ホテル経営というのは固定費がすごく高く、70%以上かかります。しかし、変動費の割合が低いことです。コスト構成というのは大型ホテルであろうと老舗の料理を中心としたホテルでもだいたい同じです。そして客数を増やすことです。

もし、いまのホテル経営を思いっきり変えるためにはラブホテル経営もひとつです。ラブホテルは他のホテルと違って独特の経営方法があります。まずは経費率がすごく高くて高収益性であること。金融機関からの融資が困難であることです。そしてラブホテルのことを詳しい税理士の方が少ないことです。

いまのホテル経営で様々な角度で今の経営方法から変えていくか、そのままでいいかは常に検討を常にする必要があります。ホテル経営は常に融資のことや法律のことを勉強することが大切だとわかりました。