税理士に聞いた簡単な青色申告

税理士が簡単に教えてくれた!青色申告のやり方

青色申告というのは言葉としては聞いたことがあっても、その内容を詳しく理解はできていませんでした。そこから理解できるようになったのは税理士に頼んでみたことです。では青色申告というのは具体的にどういったものでしょうか。

青色申告というのは所得税や法人税などの申告納税制度の税金を自主申告や自主納税を記帳するためです。そして所得に関して有利な制度であります。

では有利な点といえば、税務調査のときに更生通知書へり理由や欠損金の繰延べ、税額控除、そして家族専従者給与や特別償却の計算してくれる特典があります。このような特典を受けられるにはどのようなことをすればいいかといえば、個人事業主が行われる場面としては事業取得や不動産取得などの山林所得です。

そして開業から2か月で税務署に提出します。次に会社が青色申告をする場面では、納税地の税務署に申告書を提出する必要があります。そして個人だけでなく会社も申請は提出するだけでなく保存もしないといけません。ちなみにこれ以外の申告は白色申告といいます。

こういった知識を税理士に教えてもらえば、自力で青色申告したい場合はソフトを使うのが比較的楽です。簡単な青色申告というのはこういったソフトで済ませることができますが、複雑なことになるとやはり税理士に頼むのが一番便利です。これは税理士にとっても入力業務が発生しなくなるので、個人ではなかなかできない業務だけを税理士に頼むことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加