税理士に聞いた事業所得

友人に親切な税理士さんを紹介してもらい事業所得を相談してみました

事業所得というのは、所得税のひとつであります。そこで税理士の方に詳しく聞いてみました。まずは自営業の方がどのように事業所得を扱うかで変わってきます。事業所得というのはいろいろなものが対象となってきます。

製造業や卸売業やサービス業、農業や漁業、プロスポーツ選手など様々ですが、当然ながら弁護士や税理士も対象となります。事業所得の計算方法というのは総事業収入額から必要経費をひいたのが事業所得となります。そして事業所得の税率もきまっています。

では税理士に相談する上ではどのようなことをすればいいのかといえば、まずは税務相談会などで見つけるケースが多くなります税理士報酬を支払うことで税理士と顧問契約を結ぶことができます。顧問契約を結ぶメリットとしては、適正な決算をしてくれるだけでなく、税務申告をしっかりと行ってくれることです。こういったことを代行してくれることで経営に時間を使うことができることです。

税理士の方に教えてもらったことで大切なことは収入金額と必要経費金額の計上です。これは1年間に生じた収入を計上する必要があるからです。そして収入金額にも気を付ける必要があります。そして必要経費にも気を付けないといけません。

このように複雑な手続きをする必要がある場合は、自力でやるのは厳しいといえます。税理士というのは税金のことだけではなく、経営においても重要なアドバイスももらえますので、これからどのように税理士を活用するかが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加