税のプロに聞いた法人税

法人税のことがよく理解できなかったので税金のプロに聞いてみました

法人税というのは普通に生活していてもよく聞く言葉ですが、では具体的にどのようなものかといえば、すんなり答える人は少ないでしょう。そこで法人税のことをより深く理解するために税理士に相談してみました。そもそも法人税というのは会社が納める税金ですので、会社を経営している人にとっては、この知識は必須ともいえます。

では法人税とは会社の利益とかかっているもので、そこから支払われる税金のことをいいます。会社によっては法人税を納めるほどの資金が用意できないという場合もあります。

ひとつの方法としては銀行から借りることもありますが、こんなリスクのあることをしなくても資金調達する方法はあります。その方法としては、日本政策金融公庫からお金を借り入れるのが無難な方法です。しかし、日本政策金融公庫から借り入れをする場合においても審査があるので、誰でも借りることができるということではありません。

この審査というのはほかの金融機関にくらべて比較的簡単に借りられますので、法人税を支払うほどのお金がない場合は日本政策金融公庫から借りるのが便利です。

法人税を納めるのももちろん大切なことですが、できれば法人税の金額を抑えることもできます。例としては取引の利用で法人税を抑えることができます。

そして、税務調査を受けないようにするにはどうすればいいかといえば、常に資料を整えておくことです。逆に資料がない場合には取引先まで調査員が来ることがありますので、会社の営業面ではピンチになります。法人税は税理士に相談することで、会社の経営がすごくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加