税のプロに聞いた財務諸表

税のプロに丁寧に教えもらい、財務諸表を理解する事が出来ました

企業を経営していく上には財務諸表というのを理解する必要があります。しかし、これを自力で理解するというのはとても大変なことですので税理士に詳しく聞いてみました。では財務諸表というのはどのようなものかといえば企業の状態を知るためのです。そしてこの企業は投資対象としてどうかという目安にもなります。

では財務諸表というのは、3つの決算書から成り立っています。まずは貸借対照表です。具体的にどのようなものかといえば、会社が事業資金の集め方を示しているものであり、どういう形で資産などを保有しているかあらわすものです。これは俗にいうバランスシートといわれています。またはB/Sといった表記でもあらわされます。

これからは資産、資本、負債の3つに分けられます。バランスシートにおいては資産は負債と資本の合計となります。次に損益計算書です。一定期間のもうけ具合や経営成績です。プロフィット・アンド・ロスとも呼ばれています。

またはP/Lとも呼ばれています。これには経常利益、税引き前当期利益、当期利益、営業利益、そして売上総利益の5つの利益と売上高のことをいいます。最後にキャッシュフロー計算書というのがあります。キャッシュフローというのはお金の流れを現金や預金などを通じて表すものです。そして。財務活動・投資活動・営業活動の3つで構成されています。

このように財務諸表というのは最初から詳しく知ろうとすると混乱しますが、税理士の方により簡単に教えてもらうとより理解しやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加