製造業経営者が税のプロに聞いてみた

製造業を経営者である私が税金のスペシャリストに助けてもらいました

製造業の経営においては税務においては原価計算や税の優遇制度があります。製造業の競争力を上げるには原価計算の導入が大切だと税理士の方が常に教えてくれます。その理由としては商業簿記や工業簿記などに比べて効率的に製造業の経営を分析することができます。

原価計算が製造業に使われるものとしては、財務諸表を作成することで決算書も作ることができることや、原価管理を考えることによって製品原価のことも詳しくわかることや、価格計算をすることで製品の適正価格がわかることや、予算管理をすることで製造原価だけでなく原価も比較できることや、経営意思に決定な情報もわかることです。

このように原価計算を製造業の経営を生かすことができる税理士を探すというのはすごく大変です。まずは製造業に詳しいことや原価計算の得意な税理士を見つけることができるというのは幸せなことです。

製造業の税金に関する特徴というのは、税務関係や優遇処置などがたくさんあることです。こういった優遇処置というのは中小企業の製造業の経営においてはすごく大切なことです。ここでも税理士選びというのはすごく大切になってきます。

ここで税金のことがある程度分かってくると、自身で税務の知識を生かして製造業の経営をしていくことです。税金の知識というのは改正ごとに少しずつ変わっていきますので、信頼のできる税理士にアドバイスをもらうのもいいですし、経営しながら実地に学んでいくことも大切であります。

このエントリーをはてなブックマークに追加