名古屋市緑区でホテル経営と税金

名古屋市緑区でホテルの経営を3年していたときに税理士から聞いた話

ホテル経営をしていくと、いつかはうまくいかなくなって倒産するのではないかという不安があります。名古屋においてもホテル経営の競争は激しいです。では、どのように経営ればうまくいくのかというと、顧客のリピーターを増やすことで営業利益率を高めることである。

そして顧客を絞り込むことも方法の一つです。そしてオペレーションコストをどのように設定するかである。従業員には自分で考える環境を作ることである。このような経営方針を固めておきながら税金のことについてもっと学ぶ必要がある。

経営をうまくいかせる方法の一つとしては固定費をどのようにするかである。ホテル経営というのは固定費がすごく高く、70%以上かかります。しかし、変動費の割合が低いことです。コスト構成というのは大型ホテルであろうと老舗の料理を中心としたホテルでもだいたい同じです。そして客数を増やすことです。

もし、いまのホテル経営を思いっきり変えるためにはラブホテル経営もひとつです。ラブホテルは他のホテルと違って独特の経営方法があります。まずは経費率がすごく高くて高収益性であること。金融機関からの融資が困難であることです。そしてラブホテルのことを詳しい税理士の方が少ないことです。

いまのホテル経営で様々な角度で今の経営方法から変えていくか、そのままでいいかは常に検討を常にする必要があります。ホテル経営は常に融資のことや法律のことを勉強することが大切だとわかりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加