名古屋市南区フットケア経営と税の活かし方

名古屋市南区で5年間フットケア経営をしていた私が税理士に頼んだ話

フットケア経営をしていると、このままではうまくいくのかが心配になってきますが、税理士の方が税金を絡んだうえで相談に乗ってくれました。まずは開店当初の経費はどのようにしていたことから見直しました。

そこからの独立した経緯はどのようにしていたのかが、そしてここが不安な部分を全部出すことでこれからの経営に生かしていくことができます。

今の経営している店の場所が悪いという不安があれば、立地である名古屋の商圏から調査してくれることやどのようにして顧客をつかむのかが大切です。そして独自の経営方法を生み出すことも常に忘れ続けないことです。経営する上での税金の流れを学ぶだけでなく、フットケアの技術も学ぶことが大切です。

経営していく上ではどのようには税金の支払いをどのように考えていくかが必要になってきます。従業員を雇っている場合においては従業員のきゅうりょうから住民税や所得税を差し引いて納める必要があります。

個人事業主でやっていく場合においては取引の段階で消費税を負担する必要があります。そこから申告や納付をする必要があります。一部の事業者には消費税の納税するひつようがない事業者がいます。

その事業者のことを免税事業者といいます。免税をすることはできないが、消費税の計算方法が簡単にする方法としては簡易課税制度があります。

フットケア経営は名古屋地区においても競争が激しいので、常日頃から経営方法や税金のことについて学ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加