名古屋市港区の民宿経営者が税理士に相談

名古屋市港区で専門家からアドバイスをもらった民宿の経営の10年間

民宿経営というのはノウハウが経営者が独自で作り上げてきたものが多く、学校で学んで経営するというものではありません。開業するには食品衛星責任者の資格があれば誰でもできます。誰でも開業できるから名古屋での民宿経営というのは大変です。そこで民宿のことに詳しい税理士に聞いてみることにしました。

民宿の経営というのは地方や田舎で経営していることが多く、名古屋の都市部で民宿を経営するには少しの工夫が要ります。まずは設備投資のことを考える必要があります。

どのように収益を上げるかが大切になってきます。民宿というのは寝泊りだけでなく食事を提供するのもサービスの一つです。民宿が宿泊する客に対して食事を提供するのは第5種事業というものです。

ちなみに飲食業の場合は第4種事業に該当します。民宿のとなりの浸食店で食事を提供すると第4種事業となります。ここで注意することは食事代が明確に分類されていることです。

宿泊施設には宿泊税というものがかかってきます。この宿泊税というのは一定の料金以上で宿泊したものに対して課税されるものです。課税対象としてはホテルや旅館にかかってくることが多く、民宿にはかからない場合がありますが、許可を得ている場合は宿泊料金次第では課税されるケースがあります。

これらの宿泊税というのは東京都が導入しているものですので全国的に導入しているわけではありません。税金というは地域によって違ってきますので常に税金に関する制度を確認する必要があります。

民宿においても税金というのは切り離せない存在です。

このエントリーをはてなブックマークに追加