名古屋市中村区でサウナ経営と税の話

名古屋市中村区でサウナの経営を初めたての私が税理士に聞いた時の話

サウナというのはご存じな人も多いですが、フィンランド発祥の浴槽に入らないお風呂のことをいいます。そのなかではフィンランドサウナや日本では多い塩サウナがあります。ではこれから先において、サウナを経営するにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

名古屋地区においても、サウナの経営状況が大変になってきてますので、はじめたての経営者がどのようにすればいいか税理士に聞いてみると、少し前まではカプサルホテルとサウナという形態が多く、銭湯だけでなくサウナを併設しているところもあります。

サウナ以外にも様々なものもあり、差別化をする必要があります。税金のことを学ぶ前にどのように集客するかを考える必要があります。売上をどのように伸ばすのかといえばどのような場所を提供するか、どのように客を増やすかが大切になってきます。

サウナというのは基本的に税金が少なく済むことがおおいですが、サウナだけを経営していくのは難しい場合が多く、温泉と併設して経営する場合もあります。温泉を経営していくに入湯税というものがあります。

この入湯税というのは地方税法の一つとして数えられます。この入湯税というのは減免処置をすることができます。ただしね個人事業主の場合は個人事業税を納める必要があります。

このようにサウナを経営することにおいて、どのようなサービスを提供するかで支払うべき税金の金額が変わってきます。これからも税金のことを学び続けていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加