税のスペシャリストが教える受取手形

税のスペショリストがアドバイスする!経理で失敗しない受取手形

受取手形というのはどのようなものかわかりませんので税のスペシャリストである税理士に聞いてみました。受取手形というのはどのようなものかといえば、得意先にて営業取引をして受け取る手形債権です。

ちなみに手形債権というのは受取手形として勘定に処理されます。受取手形の特徴としては現金に変えることができますので、資金繰りにおいては便利になります。

では手形というのはそもそも何なのかといえば、小切手のように一定の金額が支払われる有価証券のことをいいます。手形というのは満期日というのがあります。そして支払期日にならないと現金になりません。

では、手形の裏側にはどのようにことが書かれているのかといえば、受取手形の裏側に受取人が押印して、受取人の名前を記載します。注意点としては裏書きしてある手形を譲渡して、手形の支払人が不渡りを起こしてしまった場合は裏書きした人が支払う義務があることです。

受取手形というのは記載事項をしっかり確認する必要があります。手形の管理というのは現物とデータの管理の両方があります。受取手形を換金する場合にはできるだけ早く銀行に持ち込むのがよいです。

データ管理というのは受取手形手帳に金額や振出人などのデータを記録しています。そして受取手形というのは安定した資産であるため定期的に確認する必要があります。万が一、不渡りになってしまった場合は会社の営業部門に情報を提供したほうがよいです。

受取手形というのは知れば知るほど会社経営に役に立つで常に知識を蓄えておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加