不動産経営者が税理士に相談

不動産屋をしていた私が税金を理解するのに税理士に相談してみました

不動産というのは税金のことだけでなく、土地や建物の価格を明確に認識しておかないといけません。このことが理解できてないせいで不動産屋の経営するのがすごく難しくなるので税理士に相談するのが一陣の近道であります。

まずは不動産売買業務のことで注意することといえば、マンションが物件であることや土地と建物がついている場合は、消費税のことが大変な問題という点が学べたことです。特に仕入れの時や売買するときの土地や建物の価格をはっきりと認識しておく必要があります。だが、土地の売買するときには消費税というのは非課税であります。

そして不動産と税金とのかかわりにおいて学んでおく必要があるのは、土地重課制度のことです。この制度いうのはどのようなものかといえば、法人が土地を譲った場合は課税される法人税の総額は通常よりも、譲渡による利益額に対して一定の割合で計算された合計金額のことをいいます。そして土地などの譲渡があった場合は、土地譲渡益に上記率に応じて金額に法人税がされることがあります。

物件を紹介する場合においては、情報提供料や紹介料を支払う習慣があります。そして不動産業に関わる手数料というのは原則として交際費となります。一定の契約を結ぶ場合には税理士と相談するともめごとが少なくなります。

このように不動産というのはお金がかかわるだけでなく、税金のことが絡んできますので、税金の知識がない人が不動産経営するというのはかなり難しいといえます。少しでも税金に関してわからない場合は税理士に相談するのがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加