名古屋市中村区で蕎麦屋経営と税のプロ

5年間そば屋をしていた私が名古屋市西区にいる税金のプロに聞いた話

蕎麦屋の経営をしていくには、味をよくすることはもちろんのことですが、これから先もうまく経営していく必要があります。名古屋市西区で蕎麦屋を経営している人が税理士に聞いてみまして、これから先も失敗しない経営方法を聞いてみました。

経営方法を改めて見直すことが大切なので、まずは経費を見つめなおすことにしました。まずは人件費をどうするのかそして原材料費はどれぐらいにすれば利益が出るのか、そして経営がうまく費用というのはどれくらいのかを教えてもらいました。

まずは税金のことも大切ですが、蕎麦屋というのは味も大切ですのでセミナーなどに参加することがこれからも繁盛していく上では大切です。そして、繁盛している店に行くことで参考にする部分はたくさんあります。もちろん店をよくしていく上ではいいところを吸収することも大切ですが、自分の店の状況も再確認する必要があります。

蕎麦屋に限らず飲食店というのはほかの業界に比べて参入しやすいということです。違う見方をすれば激しい競争がありますので、長年続けていくのはすごく大変なことです。

味や店の雰囲気というのはもちろん大切ですが、税金などの数字で見る力も必要となってきます。飲食店というのはチエーン店で経営している場合もありますが、個人で経営していることもあります。個人事業主にかかってくるのは所得税と住民税がかかってきます。このは金額によって税額が変わってきますので常にチェックしておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加